ヘバーデン結節

症状

指の第1関節の変形により腫れ・痛み・水ぶくれを伴います。

診断

原因は分かっていませんが、手の使い過ぎ・遺伝・女性ホルモンの低下が関係していると言われており、40歳以降の女性に多いです。第2関節に生じる関節リウマチと異なり、第1関節に生じることが特徴です。

治療

基本的には保存療法になります。進行してきた場合は手術になることもありますが、ほとんどいません。しかし、関節の変形なので痛みを伴うこともあります。保存療法はいくつかありますが、それぞれのライフスタイルに合わせて選択されます。

①保存療法
・鎮痛剤
・固定
・理学療法
・関節内注射
・漢方薬

・エクオール

②手術療法
・水ぶくれの切除
・ワイヤー固定

・ピン固定
・骨棘切除

③その他
・モヤモヤ血管治療
・体外衝撃波治療
PRP治療

疾患

前の記事

関節リウマチ

次の記事

ヒアルロン酸