急性好酸球性肺炎

概要

急性好酸球性肺炎は、肺の間質に好酸球が浸潤する疾患です。

症状

通常は7日以内に、発熱、咳、呼吸困難、胸痛が出現します。

原因

タバコ、アレルギー物質などが原因とされていますが、原因不明なことも多いです。

治療

プレドニン0.5~1mg/kgを経口投与し、2~4週間かけて漸減する。

疾患

前の記事

扁桃炎
疾患

次の記事

痙攣