神経根ブロック

対象

①頭痛
②上肢の痛み・痺れ
③下肢の痛み・痺れ
④帯状疱疹後神経痛

方法

腹臥位うつ伏せ)または仰臥位(仰向け)でエコーやレントゲンを見ながら、頸・背中・腰のいずれかの場所から注射します。

①レントゲン台にうつ伏せに寝る
②消毒
③皮膚に痛み止めの注射
④本番の針を穿刺
⑤神経根に局所麻酔薬を注入

効果

神経根と呼ばれる、脊髄神経の枝に局所麻酔薬を注入することにより神経の興奮を抑え、血流の改善を期待します。注射後は60分程度、仰向けで休みます。

スポンサーリンク
町医者の日常
タイトルとURLをコピーしました