アテローム(粉瘤)

症状

皮下の腫れ、痛みが特徴的です。

診断

皮下にできる袋状の構造物を指します。腫脹、疼痛、エコー検査で診断が可能です。

治療

①炎症がない場合
⇒皮膚を切開し、袋状の構造物を根こそぎ取り除きます。

②炎症がある場合
⇒皮膚を切開し、膿みを体の外に出します。2~3ヵ月後(炎症が治まる時期)に根こそぎ取る手術を実施します。

前の記事

プラセンタ

次の記事

陥入爪(巻き爪)