群発頭痛

症状

群発頭痛は、夜間や就寝中に起こることが多いです。片方の目が抉られるような感覚があり、涙や鼻水を伴います。

診断

A 
眼の周囲の痛みが15~180分持続


①涙
②鼻汁
③眼瞼浮腫
④顔面の発汗
⑤縮瞳や眼瞼下垂


1日に数回の発作

A~Cが5回以上で群発頭痛の可能性あり

治療

群発頭痛の発作時と予防では内服薬が異なります。

発作時
①イミグラン点鼻スプレー(スマトリプタン点鼻薬)
②酸素吸入
③キシロカインスプレー鼻粘膜散布(リドカインスプレー)【保険適応外】

予防
①ワソラン(ベラパミル)【保険適応外】
②デパケンR(バルプロ酸)
【保険適応】

疾患

前の記事

片頭痛
疾患

次の記事

高血圧症