不眠症

生活習慣

分類

①入眠障害
・寝つきが悪い


②中途覚醒
・眠りが浅く途中で目が覚める


③早朝覚醒
・早朝に目が覚める


④熟眠障害
・睡眠時間を確保しても満足感が得られない

睡眠薬の種類

・メラトニン受容体作動薬
 ①ロゼレム(ラメルテオン)
 ②メラトベル(メラトニン)


・オレキシン受容体拮抗薬
 ①ベルソムラ(スボレキサント)
 ②デエビゴ(レンボレキサント)

・非ベンゾジアゼピン系
 ①マイスリー(ゾルピデム)
 ②アモバン(ゾピクロン)
 ③ルネスタ(エスゾピクロン)

・ベンゾジアゼピン系
 ①ハルシオン(トリアゾラム)
 ②デパス(エチゾラム)
 ③レンドルミン(ブロチゾラム)
 ④リスミー(リルマザホン)
 ⑤エバミール(ロルメタゼパム)
 ⑥ロラメット(ロルメタゼパム)
 ⑦エリミン(ニメタゼパム)
 ⑧サイレース(フルニトラゼパム

 ⑨ユーロジン(エスタゾラム)
 ⑩ベンザリン(ニトラゼパム)
 ⑪ネルボン(ニトラゼパム)
 ⑫ドラール(クアゼパム)
 ⑬ダルメート(フルラゼパム)
 ⑭ソメリン(ハロキサゾラム)

治療

①寝る90分前にお風呂に入り体温を上げる。体温の下降と共に眠気が出現。
②寝る前に過度な運動や脳への刺激(スマホ・テレビ・音楽)を控える。
③日光浴
④睡眠薬

コメント

タイトルとURLをコピーしました