橈骨遠位端骨折

症状

転倒した時に、地面に手をついて衝撃で生じる骨折です。手首の痛みを顕著に訴えます。

診断

受傷時のエピソードで見当はつきます。手首の腫れ、を動かした時の痛みが特徴的です。また、レントゲンでは親指側の骨(橈骨)に骨折線を認めます。

治療

①保存療法
⇒まずは、骨がズレないように固定します。ズレがある場合は、ズレを治す(整復)を実施します。3~5週間の固定期間になります。


②手術療法
⇒整復できない場合や複雑な骨折の場合は手術も視野に入れます。

スポンサーリンク
町医者の日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました