痛風

生活習慣

症状

症状として多いは、関節の痛みです。痛む場所は様々でずが、母趾の付け根、アキレス腱、膝、肘に生じることが多いです。

診断

尿酸値が7.0mg/dlを超えると高尿酸結晶と言われます。この、高尿酸結晶によって引き起こされる痛みが痛風です。生じた場所の痛みや血液検査によって診断されます。痛風発作時は必ずしも7.0mg/dlを超えているわけではありませんので、見た目が重要となります。

治療

まずは、食事・運動療法です。食事は尿酸の原料となるプリン体を控えることです。とは言っても、尿酸は食事から20%、体質が80%です。糖質制限と異なり、本人の努力に比例しづらいです。なので、早くから内服薬を開始することが多いです。発作時、発作予感時、予防に分類され内服薬が異なります。

痛風発作時
①ナイキサン(ナプロキセン)
②ロキソニン(ロキソプロフェン)


発作予感時
①コルヒチン(コルヒチン)


予防
①フェブリク(フェブキソスタット)
②ザイロリック(アロプリノール)

コメント

タイトルとURLをコピーしました