150万円の壁

150万円の壁

2017年までは妻の収入が103万が配偶者控除と配偶者控除特別控除の境界線でしたが、2018年からは境界線が150万円で拡大しました。この150万円までは控除38万円を満額使えますが、150万円を超えると、控除額が段階的に減少し、201万円を超えると控除がなくなります。また、夫の年収が1220万円を超えると、妻の年収に関わらず控除の対象外となります。