有痛性外脛骨障害

足(Foot)

症状

内踝下方の圧痛が特徴的です。

診断

圧痛と部位で診断は可能です。レントゲンやMRI検査も有用です。

治療

①保存療法
⇒サポーター、湿布、鎮痛剤、電気・レーザー治療から開始します。

②トリガーポイント注射
⇒保存療法での効果が期待できない場合や即効性を重視したい方は、疼痛部位に局所麻酔薬やステロイド剤を注射します。

③手術療法
⇒注射の効果が乏しい場合は手術も考慮します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました