リウマチ性多発筋痛症

全身

症状

肩や股関節の痛みが顕著です。

診断

リウマチ性多発筋痛症分類基準(ACR/EULAR 2012)

①50歳以上
②両肩の痛み
③CRPまたは血沈上昇
④朝のこわばりが45分以上続く
⑤股関節の運動制限
⑥RFあるいは抗CCP抗体陰性
⑦肩と腰以外の関節症状がなし
⑧エコー検査で肩や股関節の炎症


①、②、③は必須条件
④~⑧で5点以上で診断

治療

①ステロイド
②抗リウマチ薬

コメント

タイトルとURLをコピーしました