イベルメクチン

薬剤

対象

①糞線虫症(糞線虫は沖縄や奄美大島に生息し、小腸に寄生することで、腹痛や便秘を引き起こす)
②疥癬(ヒゼンダニにより、全身に強い痒みが生じる)

効果

①虫に対しては、神経や筋細胞に結合し、麻痺させ駆除する。
②ウイルスに対しては、核とタンパク質の結合を阻害し、ウイルスによる自然免疫抑制を解除。これにより、自然免疫による抗ウイルス作用を期待。

コメント

タイトルとURLをコピーしました