手根管症候群

症状

親指、人差し指、中指、薬指の痺れや痛みが特徴です。

診断

症状から推測できますが、検査にはファレンテストやティネルサインが有用です。

治療

①保存療法
⇒湿布、鎮痛剤、電気・レーザー治療などを実施します。

②腱鞘内注射
⇒神経を圧迫している靭帯付近に注射します。


③正中神経ブロック
⇒靭帯により圧迫されている正中神経に対して注射します。


④手術療法
⇒正中神経を圧迫している靭帯を切開します。

スポンサーリンク
町医者の日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました