全身

スポンサーリンク
自費診療

脱毛

脱毛の効果を実感するには、毛根へのアプローチが必要になります。エステ脱毛と医療脱毛では、レーザーのパワーが異なります。パワーが強ければ、毛根まで届きますが、弱ければ、手前で止まってしまいます。個人差があるので、自身に合った治療が必要です。
全身

温度と気圧と血流

私たちの体は天候や気温によって、全身の血流が変化します。それに伴って、痛みや痺れなどの症状が増悪したり、軽減したりします。特に季節の変わり目は変化が出やすいです。つまり、温度や気圧を把握することにより、予防や対策を講じることが可能です。
全身

筋肉痛

筋肉痛は、運動後や普段使わない筋肉を使った後に生じます。以前は、乳酸の蓄積が原因と考えられていましたが、最近では、痛んだ筋線維を修復する際に生じる炎症が有力な説として提唱されています。水分補給・栄養補給・血流改善を心掛けましょう。
全身

コロナ感染後遺症とコロナワクチン後遺症

コロナウイルス感染から回復した後も息切れや倦怠感の症状が続く、またはコロナワクチン接種後に疼痛や倦怠感が続く場合があります。症状は多岐にわたり、各種検査では異常がない場合がほとんどです。実際には、症状を和らげるために内服薬から開始します。
全身

星状神経節近傍照射

星状神経節は、頚の付け根にある交感神経です。星状神経節にレーザー照射やブロック注射を実施し交感神経の興奮を抑制します。レーザー照射はブロック注射と異なり、痛みがない治療になります。効果はブロック注射の10%程度になるので、数回実施します。
全身

アクアタイザー QZ-260(ウォーターベッド)

ウォーターベッドは水圧を利用し、全身のマッサージを行うことができます。肩こり、むちうち、腰痛、浮腫みに対して治療効果を期待できる他、疲労回復効果にも優れています。特に、交通事故後に全身の痛みを訴える方には、効率良くかつ幅広く治療できます。
全身

自律神経失調症

現代において、日常生活でストレスを感じることは多いと思います。しかし、ストレスを取り除く手段がないのが現状です。自律神経失調症は個々により症状が異なるため、症状に応じて治療法を選択することが必要です。まずは、負担の少ない治療から始めます。
全身

慢性疲労症候群

一般的な疲れは休養で回復しますが、慢性疲労症候群は原因不明の疲労等が6ヶ月以上続く状態を指します。各種検査で異常を指摘すること難しく、例え診断基準を満たしても治療法が確立されていないのが現状です。まずは、漢方やビタミンから始めます。
全身

蜂窩織炎

蜂窩織炎は皮膚の細菌感染です。皮膚に傷がついたり、免疫力が低下している方が発症しやすいです。基本的には抗生剤を投与し、様子を見ます。改善が見られない場合や膿が溜まっている場合は皮膚を切開し、膿を体の外に出します。採血や外見で診断可能です。
全身

軟膏とクリーム

怪我をした時に、軟膏やクリームを処方され傷口に塗ることがあると思います。効果として大きな違いはありませんが、含まれている成分が僅かに異なります。大まかなイメージとして、軟膏は水分が少なく、クリームが水分が多いという認識で構いません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました