スポンサーリンク

変形性膝関節症

変形性膝関節症では関節軟骨のすり減りや骨の変形により、膝関節の痛みを伴うことがあります。下肢の筋力をつけることで関節への負担を軽減させます。痛みが強い場合は電気・レーザー治療や局所麻酔薬・ステロイド・ヒアルロン酸を関節内に注入します。

鵞足炎

鵞足炎とは脛骨内側に付着する①縫工筋②薄筋③半腱様筋④半膜様筋の炎症です。原因としてスポーツ、外傷、関節リウマチ、痛風が挙げられます。膝が痛い場合は変形性膝関節症によるものか、靭帯・腱・半月板によるものかを見極めることが重要です。

オスグット病

オスグット病は脛骨と膝蓋腱付着部に痛みが生じます。特に、成長過程の10歳前後に多いです。膝を頻繁に使う、バスケットボール・サッカー・バレーボールの選手がなりやすいです。治療は安静にし、膝下のサポーターを使用することが大切です。

膝関節内水腫

膝に水が溜まる原因は使いすぎによる炎症、痛風、関節リウマチ、偽痛風が多いです。しかし、水が溜まっていても必ずしも抜く必要はありません。まずは原因を突き止め、原疾患への治療が必要です。治療しないと、水を抜いても再び溜まります。

関節リウマチ

関節リウマチは自己免疫性疾患の一種であり、関節の変形や痛みを伴います。治療の目的は関節破壊の防止と痛みの緩和です。以前は治療薬が少なく、治療困難なケースが多々見られましたが、最近は注射薬の開発により高い治療が期待されています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました