足(Foot)

スポンサーリンク
足(Foot)

シンスプリント

シンスプリントは、正式には脛骨過労性骨膜炎と呼ばれます。基本的には運動時のふくらはぎの痛みですが、進行すると安静時も痛みます。スポーツを始めたての人や休養明けで再開した人に、 多いと言われています。まずは安静と固定が経過をみます。
足(Foot)

外反母趾

外反母趾とは、母趾が第2趾側の方向にくの字に曲がることを言います。原因として多いのは、つま先が細くなった靴を履くことです。変形が進むと痛みを伴うようになり、場合によっては手術になることもあります。まずは、変形の予防が大切です。
足(Foot)

有痛性外脛骨障害

有痛性外脛骨障害は内踝下方の痛みであり、10歳前後に多いです。外脛骨に付着している後脛骨筋腱の牽引力が過剰になり生じます。レントゲンでは、骨の分裂や変形を認めます。また、軟骨や靭帯の状態を把握するためにMRI検査を実施することがあります。
足(Foot)

シーバー病

シーバー病は、10歳前後の男児に多い疾患です。特に、運動時の踵の痛みを訴えます。安静を保ち、踵への負担を避けるようにすれば症状の改善が見込めます。症状が改善しない場合は、装具作成や注射も考慮しますが、ストレッチによる予防が大切です。
足(Foot)

モートン病

モートン病は第3,4趾の痛み、痺れ、灼熱感が特徴的で、中年以降の女性に多い疾患です。趾の神経が圧迫されることにより、症状が出現します。まずは、インソールなどの保存治療を選択しますが、症状が改善しない場合は体外衝撃波や手術も考慮します。
足(Foot)

肉離れ

肉離れは正式には筋挫傷と呼ばれます。スポーツ中の太ももやふくらはぎの痛みが特徴です。肉離れは軽傷~重症に分かれており、程度によって治療方法や固定期間が異なります。症状に加えて、エコー検査やMRI検査を実施することで診断が可能です。
足(Foot)

足がつる

足がつる、こむら返りは正式には有痛性筋けいれんと呼ばれます。運動時に大量に汗をかいた後や無理なストレッチにより、つったという経験はあると思います。まずは、血流の改善や正しいストレッチを身につけることにより予防することが重要です。
足(Foot)

足底筋膜炎・足底腱膜炎

足底筋膜炎・足底腱膜炎は足裏が地面に着いた時に症状が出ることが特徴です。踵骨(踵の骨)の変形や過度の負荷が原因で発症します。基本的にはインソールなどの中敷きを使用し、衝撃を和らげることで軽快しますが、難治性の場合は手術になることもあります。
足(Foot)

巻き爪

正式には爪が皮膚にくい込んだ状態を巻き爪、くい込みにより腫れや痛みを起こした状態を陥入爪と言います。原因の1つに深爪(爪の切りすぎ)があります。症状に応じて治療法は異なりますが、早期治療により爪を切らずに済むこともあります。
足(Foot)

趾の骨折

多くは物を落とした時や角にぶつけた時に生じます。趾の骨折は程度にもよりますが、基本的には5週間の固定が必要になることが多いです。固定はテーピング(キノセルフ)、半肢固定、松葉杖など様々な方法がありますのでライフスタイルによって選択します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました