検査

スポンサーリンク
検査

血液検査と食事の影響

採血をする前に、食事を摂ったかどうか聞かれることがあると思います。血液検査の項目の中で、特に血糖値と中性脂肪が影響を受けます。検査結果を確認し、異常かどうか判断する上では空腹時が望ましいです。朝食を摂らずに採血することをオススメします。
検査

ホルター心電図

通常の心電図は30秒~3分の測定なので、不整脈や異常波形を検出することは困難です。ホルター心電図は24時間測定し、通常の心電図では検出不可能なものまで調べることができます。また、失神歴がある方にも有効です。簡易的な検査で侵襲はありません。
検査

心電図

健康診断で不整脈を指摘されることは多々あります。治療が必要な不整脈かどうかは、不整脈の種類や自覚症状で決まります。ほとんどが治療せずに済みますが、中には重篤なものも含まれているため、自己判断せずに総合病院での詳しい検査が重要です。
検査

尿細胞診

尿細胞診は尿検査と同様に、尿を提出することで調べられます。侵襲が少なく、良性か悪性の判定ができます。腎臓、尿管、膀胱、尿道において剥がれ落ちた細胞を顕微鏡で確認することで診断します。結果によっては、数ヶ月毎に再検査が必要になります。
検査

血尿

血尿は腎臓から尿道までの異常を一早く確認できる検査です。検査で陽性が出たからといって必ずしも異常ではありませんが、複数回陽性になった場合は追加の検査を実施することもあります。定期的に尿検査を実施することで、早期発見が望めます。
検査

大腸カメラ

大腸内視鏡検査は肛門~盲腸までの観察が可能であり、病変部の組織採取(生検)や切除が可能です。侵襲があるので、便潜血陽性の場合や年に1回の健診診断で実施することがあります。早期発見により、手術には至らずに内視鏡での治療が可能です。
検査

便潜血検査

便潜血検査は侵襲がなく、容易な検査です。しかし、消化管のどこで出血しているかの特定は困難であり、追加で別の検査が必要になります。口の中の出血や肛門の出血でも陽性になります。便潜血陽性の場合はCT検査や内視鏡検査を実施し、出血源を調べます。
検査

ピロリ菌

ピロリ菌は胃がんの発生に大きく関与しています。検査の方法は複数あり、自分に合った方法を選択できます。胃カメラを実施し、同時に組織を採取することもあります。ピロリ菌に対する薬剤の除菌効果は高く、早期発見・早期治療により生活の質が向上します。
検査

胃カメラ

胃カメラとバリウム検査は胃がんを早期に発見する検査です。それぞれのメリット・デメリットがありますが、検査を受けることは重要です。年々、体への負担が少なくなる検査が増え、受診しやすい環境が整っています。自身に合った検査を選択しましょう。
検査

バリウム検査

バリウム検査と胃カメラは胃がんを早期に発見する検査です。それぞれのメリット・デメリットがありますが、検査を受けることは重要です。年々、体への負担が少なくなる検査が増え、受診しやすい環境が整っています。自身に合った検査を選択しましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました